ベティ・クロッカーズ TOPへ戻る 各店舗のご案内 ベティーのケーキたち お誕生日や各種パーティーのご案内 レストラン メニュー
ハッピーマドンナテラス
「加納新吾トリオwith山之内孝司

[メンバー]  

加納 新吾(かのう しんご)
Jazz Pianist / Composer
1986年大阪生まれ。
6歳よりクラシックピアノを習う。
大阪芸術大学音楽学科ポピュラー音楽コースに進み、ジャズに傾倒。
同大学にて関西を代表するピアニスト近秀樹氏に師事する。
在学中より演奏活動を開始。
2009年3月 ニューヨークにてジュリアード音楽院ジャズワークショップに参加。
2012年5月 デビューアルバム SHINGO KANO「PRECIOUS」を JAZZ LAB. RECORDSから全国発売。
2013年2月 より三ヶ月間、ニューヨークへ渡米。
2013年10月 第五回神戸ネクストジャズコンペティションにてグランプリを受賞。
2014年4月 ニューオーリンズのフレンチクォータージャズフェスティバルに出演。
現在自己のトリオや、様々なバンド、プレイヤーのサポートにて活動中。

石川潤二(いしかわ じゅんじ)
drummer
昭和29年8月1日大阪生まれ。関西学院大学商学部卒。
文化総部軽音楽部に入部後ジョージ大塚ドラムスクールに通い、 本格的にドラムの練習を開始。
在学中からバンドを結成し、大阪・神戸を中心にライブハウスに出演。
後藤剛カルテットでプロデビュー。塩崎容正、岩瀬章光、 藤井貞泰、高橋俊男等のバンドを経て現在は関西を中心に フリーランスに活動中。

「KIYOKA」(キヨカ)  

2005年結成。ピアノ講師・ヴォイストレーナー、県内でソロで演奏活動を精力的に行っている 清水清華(Vo&Key)を中心とするトリオ編成のバンド。  清水のオリジナル曲を中心に和洋楽POPSコピー曲演奏も得意とする。  
情景のある清水のオリジナル曲とヴォーカルに、各自がリーダーバンドを持ち、またソロでも県内の様々なバンドサポートを行っているリズム隊 大西伊津雄(E.BASS・A.Guitar)と十時勝弘(Drums・Per)が感覚的に楽曲に対してアプローチするユニット。  
メンバー個人の活動は多忙で「KIYOKA」としてのライブ演奏は希であるが、不定期にライブハウス、Cafe、ホテル、学校、エミフルMASAKI等で精力的に活動中である。  近況として、『プラネタリウムコンサート』、『JR松山駅80周年記念イベント』、『砥部焼まつり』、『松前ライオンズクラブチャリティーイベント』、『いのちを守ろうキャンペーン』、『結い音楽祭』等に出演。 2007年9月1日(土)伊予市双海町JR「下灘駅」毎年開催されている『夕焼けプラットホームコンサート23』の事前審査でトップ推薦によりオファーを頂く。  2007年11月3曲オリジナルミニアルバムを発表。

[メンバー]  

清水 清華(しみず きよか)     
(Vo&Key)西予市宇和町出身・伊予市在住     
1996年頃からキーボード、コーラスとしてバンドサポート活動開始。     
えひめ町並博2004音楽部門PRサポーターとして活動し、イメージソングである『明日への力』(らくさぶろう作詞)を作曲しCD化される。同時期からソロでの活動も開始。オリジナル『夕陽に背中押されて』は老舗和菓子店CMソング採用。     
http://jp.youtube.com/watch?v=iFRd-ujaKbo&feature=channel_page     
現在も県内でソロ・バンド展開中。     
シアーミュージックアーツ松山校責任者講師(ボイストレーナー)  

大西 伊津雄(おおにし いつお)     
(E.Bass・A.Guitar)松山市出身・伊予郡松前町在住     
中高校よりギターを始める。大学ではビックバンドでJazzギタリストとして腕 を磨く。以後様々なバンド活動を行いベーシストへ転向。  現在もジャンルを問わずさまざまなバンドに参加し、時折ギターも弾く。  6弦仕様のベースを主に使用しバッキングからソロまで変幻自在。  「KIYOKA」はその個性が活かせるユニットもひとつである。

十時 勝弘(ととき かつひろ)     
(Drums・Per)伊予郡松前町出身、在住     
6歳からオルガン、小学校より金管楽器やギターを演奏するようになる。     
小学4年生でオルガンで共演した、「児雷也」等で名演を残し現在も活躍中のドラ マー・谷本 理氏にドラムスを師事。     
大学時代から本格的にバンド活動を開始し、ジャンルを問わず多数のバンドセッションを展開中。自己リーダーバンドのほかソロでサポートドラマーとしても参加するなど県内外イベントでも活動中。     
また、日本のプロトップミュージシャンとの親交も深い。     
特にバラードにおけるシンバルワークは秀逸である。
         
         
 
COPYRIGHT(C)2004.BETTY CROCKER'S